きんかん、ハチミツ、ユーカリ、そして渋谷の菊池先生

 

【①きんかん・ハチミツ】

金柑の甘露煮を作ったので、最近のブリシエのウエルカムドリンクは金柑葛湯です♪

風邪ひきに、ほっこり優しいドリンクで暖まれ♡


IMG_5405材料(1人分)

金柑の甘露煮・・・1粒
煮汁・・・大さじ1
くず・・・大さじ1
水・・・100cc


金柑の甘露煮の作り方

1、金柑(10粒程)を良く水洗いし、へたを取って軽く十字に切り込みをいれる。
2、ハチミツ大さじ2と、金柑がかぶる位の水を入れて、15分ほど煮詰めて完成。

※ハチミツの代わりに、ココナッツシュガーでも◎
※甘さ控えめですが、冷蔵庫で1週間くらいは保存できます。

 

金柑葛湯の作り方

1、お水にくずを入れ、かき混ぜて良く溶かす。
2、葛がそこにたまらないように、かき混ぜながら火にかける。
3、数分で透明になってくるので、金柑一個と煮汁を加える。
4、沸騰前に火を止め、お好みで山椒の粉をほんの少し振りかけ、完成。


※煮詰めすぎて、金柑の煮汁が足りない場合は、ハチミツとレモン果汁やお酢を加えて、お好みの味にすれば大丈夫!

 

実よりもむしろ皮に栄養が含まれる金柑。
スプーンでくずしながら、皮ごと召し上がれ^^
種注意。

きんかんにはちみつ、昔からのどの妙薬とされている最強コンビ^^
美味しいしね♡

 


 

【②ユーカリ】

写真の葉っぱはユーカリです。

独特のツンとする香りをもち、その成分には強い抗菌力があります。

ユーカリの木を伐採すると、その地域でマラリアなどが流行したというエピソードからは、木から放出される芳香成分の強さが分かりますね〜!

肺の奥にも吸入されることが知られており、その強い抗菌効果、抗ウイルス効果から、インフルエンザや風邪などの、呼吸器系の感染症の予防に役立つ精油です☆

ーお勧めの使い方ー
*お部屋でアロマポットに入れてたくと、風邪の予防に。

ーすでに引いてしまった風邪にはー
*温かいお湯を入れたマグカップに、ユーカリのエッセンシャルオイルを2.3滴おとし、蒸気を鼻、口から吸い込むと、呼吸が楽になりますよ^^

ー花粉の季節やアレルギーで鼻がつまる時にもー
*ハンカチに一滴精油を含ませておき、症状が辛い時に香りを嗅ぐ。
炎症を沈めてくれ、鼻づまりの症状が和らぎ、気分もスッキリ♪

ユーカリ精油は使い道色々、1つ持っておいても損はなし!

 


【③そして渋谷の菊池先生】

風邪がはやっています。

今年はのどにきて、長引くタイプが流行のようです。

私も症状がさほど辛くないからと、甘く見てこじらせてしまい、
耳鼻科に行ったらもっと早く来なきゃだめと言われました。

一度内科にかかり、出されたお薬も飲んだのに、、

『風邪をひいたら耳鼻科!』なんだそうですね〜。

ここは私も友達に教えてもらいました。
合う合わないはあるかと思いますが、大変お勧めの菊池耳鼻科です^^
(なぜお勧めかは行ったら分かると思いますw
経験に基づく的確な診察と素晴らしいホスピタリティー、全体の連係プレーw)


 

今回のブログは、私の風邪の治療に有効だったもの(人)のご紹介でした☆

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
頂いたコメントは管理者による承認後に公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>