ドラマチック☆酵素シロップ作り

ワークショップ用に仕込んだパパイヤの酵素シロップ、その感動(?)の成長記録です♪


IMG_0446

用意するもの

●パパイヤ
●上白糖 (パパイヤと砂糖は1:1の量)
●保存容器(アルコールか煮沸消毒済みのもの)

※砂糖は上白糖が発酵しやすいようです。
今回はてん菜糖の白を使用。


IMG_0448

パパイヤをキレイに洗って切ります。

種も皮も全部使用するので、ざくざくと適当な大きさに。


IMG_0450重さを量ると、583gでした。


 

IMG_0452砂糖も同量を使用するので、583g計ります。

果物と砂糖の割合は1:1.1がいいなど、諸説有りますが、簡単なので同量で^^


 

IMG_0454

そして砂糖、パパイヤ、砂糖と交互に瓶に入れていきます。


IMG_0456最後に砂糖で覆います。

すこしパパイヤが飛び出してるけど大丈夫^^

このまま次の日まで置いておきます。


IMG_0458

2日目ー

こんな感じ。砂糖が少し溶けています。

綺麗に洗った手で底の方にも空気を含ませるように、良くかき混ぜます。
発酵には手の常在菌が必要らしいので、“手”でかき混ぜるのがポイント。ぬか床と同じなんですね〜^^


IMG_0460

3日目ー

まだ少し砂糖の溶け残りがあります。

酵素シロップ作りの適温は20〜25℃。
寒い時期はこの温度をキープ出来るかが成功の鍵です。


 

IMG_0539

毎日一回か二回、かき混ぜの作業を続けること10日ー

表面に泡がプツプツと出始めました!

これが発酵のサイン☆


IMG_0536 二週間程するとー

発酵が進んで、かなり調子良く泡立つように^^

容器は密封しないように、布などをかぶせます。


砂糖が全部溶けた時や、泡が出始めているのを発見した時の嬉しさw

寒い日には陽が射す場所に置いたりと、手がかかったけれどもw

日増しに強くなってゆく、何とも言えない発酵臭を嗅ぐ度に成長を感じ、
頼もしいような、誇らしいような、
そして近づく“完成の日”を思い、少し寂しい気持ちになったりw

かなりの愛着の湧きっぷりに、酵素シロップは飲むと健康にいいだけでなく、作っている過程において責任感が多少培われるという効果を実感(?)


 

IMG_0548

それはさておき、もうそろそろ飲んでみましょう☆

シロップ約大さじ1をソーダで割って。
ぬるめのお湯でも。

写真は、セロリの葉っぱを刻んだ物を入れてますが、これがまた合うのでおすすめです。


出来上がったシロップは漉して、瓶などに移し冷暗所で保存しましょう。

酵素は身体にいいけれども、カロリーが気になるので、私は朝一杯飲むようにしています。

パパイヤでなくても、お好みの野菜や果物で大丈夫です。

意外と簡単に作れ、なんだか育てている感が地味に楽しいので、皆様もぜひ一度お試しあれ☆

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
頂いたコメントは管理者による承認後に公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>